鉄の頁 > 鉄道旅行記 > JR九州スタンプラリー旅3B 2007年4月10日

JR九州スタンプラリー旅3A後編へ戻る



宗太郎駅

この旅の最終日。まずは秘境駅の宗太郎(そうたろう)駅へ。人のような変わった駅名のここは、日豊“本線”に在りながら停まる列車が大変少なく、牛山隆信さんの「秘境駅に行こう!」(小学館文庫)に紹介された時点で1日5往復、私が行ったときにはダイヤ改正によりなんと1日3往復(!)しか停車せず、駅なのに列車で行くのが至難の技という状況であった。

延岡駅
▲最終日の始まり@延岡駅

延岡(宮崎県)6:01発

日豊本線・2720M

宗太郎(大分県)6:31着

宗太郎駅へ向かう車中、日の出を迎えた。通路を挟んだところに座ってらっしゃったおばあさんがその太陽に向かって手を合わせて拝んでいる姿が印象に残った(昔々には誰もがそうしていたのかもしれないが)。

宗太郎駅は駅前に数件の民家がある以外はほとんど山に囲まれている、味わい深い雰囲気の駅。それだけに駅舎が撤去されてしまっているのが残念だった。約30分後にやって来た列車に乗って出発。この列車を逃すと次の延岡方面への列車は18:06まで無いので乗り遅れるわけにはいかない(汗)。

宗太郎駅宗太郎駅
宗太郎駅宗太郎駅
▲宗太郎駅

宗太郎駅
▲この列車で出発



土々呂駅〜日向市駅

ある日時刻表を眺めていて見つけた土々呂(ととろ)駅。ジブリ映画を連想させるこの駅が以来気になっていたが、今回の旅でやっと訪れることができた。名前から雰囲気の良い山間の里山にある駅だと良いなと思っていたのだが・・・。

宗太郎(大分県)7:03発

日豊本線・2725M

延岡(宮崎県)7:36着/7:42発

日豊本線・729M

土々呂(宮崎県)7:52着

土々呂駅土々呂駅
土々呂駅土々呂駅
土々呂駅
▲土々呂駅

駅の周囲は団地などに囲まれていて、期待に反して雰囲気はさほどではなかった(トトロは居そうにない(笑))。ただ、ホームや駅舎の脇に植えられた桜がちょうど満開でとてもきれいではあった。駅近くのコンビニで買った朝食をホームの待合所で食べて出発。スタンプラリーのスタンプが設置して在る日向市(ひゅうがし)駅へ。

土々呂(宮崎県)8:41発

日豊本線・731M

日向市(宮崎県)8:52着 ◎スタンプ!

スタンプを押すために訪れた日向市駅だが、駅舎は新しいながらも良いデザインで、名産の杉材がふんだんに使われ、木の香りが漂っていた。訪れた翌年の2008年に鉄道に関係する国際的なデザインコンテストであるブルネル賞で最優秀賞を受賞したそうだが、それも頷ける。近代的な駅舎にここまで魅力を感じたのは初めてという駅だった。

日向市駅日向市駅
日向市駅日向市駅
▲日向市駅

スタンプを押し、特急「にちりん8号」でワープ。これまたスタンプラリーのスタンプが設置してある臼杵駅へ。

日向市駅
▲特急「にちりん8号」@日向市駅



浅海井駅

日向市(宮崎県)9:57発

日豊本線・特急「にちりん8号」

臼杵(大分県)11:41着 ◎スタンプ!

特急「にちりん8号」の車内で、「秘境駅へ行こう!」の宗太郎駅の箇所を読み返しつつ先程の訪問の思い出を反芻していると、列車が停車。そして「ただいま宗太郎駅です。列車行き違いのためしばらく停車します。」というアナウンス!窓の外には宗太郎駅の駅名表示板!偶然の一致に驚いた。

宗太郎駅
▲窓の外に宗太郎駅の文字!

臼杵駅でスタンプを押し、浅海井(あざむい)駅へ。この駅の存在はNHKの番組(例によって度々登場する関口知宏さんの)で知り、「あざむい」という読みが印象に残っていた。

臼杵(大分県)11:47発

日豊本線・4637M

浅海井(大分県)12:13着

駅舎は全体が緑色に塗られていてなかなかインパクトのある外観。また先述の番組でも紹介されたが、JRから駅の管理を委託された方が駅舎に暮らし、煮干などを売る店も駅舎の中で営みつつ、窓口で切符を販売。家と店と駅舎が一体となっているわけだ。

浅海井駅浅海井駅
浅海井駅浅海井駅
▲浅海井駅

駅を出て、まずは近くの海辺へ。そこからは豊後二見という夫婦岩が見え、なかなかの景観。その後、逆に山側の「暁嵐(ぎょうらん)の滝」という滝を見に行く。あまり期待してなかったが、水量は少ないものの落差は結構あって一見の価値はあった。公園内の遊歩道からの眺望も良く、先程の豊後二見などが一望できる。

暁嵐公園暁嵐公園
▲(左)暁嵐の滝、(右)滝がある暁嵐公園の大きなアコウの樹

暁嵐公園
▲園内の遊歩道からの眺望

浅海井駅
▲浅海井駅を出発



JR九州スタンプラリー旅ゴール!

浅海井(大分県)13:52発

日豊本線・4646M

宇佐(大分県)16:12着

宇佐駅
▲宇佐駅からは特急「ソニック40号」でワープ

宇佐(大分県)16:19発

日豊本線・特急「ソニック40号」

中津(大分県)16:35着 ◎スタンプ!

中津駅
▲中津駅

中津(大分県)16:54発

日豊本線・2548M

小倉(福岡県)18:01着/18:09発

鹿児島本線・2228M

門司港(福岡県)18:23着 ◎スタンプ!

門司港駅門司港駅
▲門司港駅

門司港(福岡県)18:32発

鹿児島本線・4375M準快速

香椎(福岡県)19:57着/20:07発

香椎線・780D

西戸崎(福岡県)20:32着 ◎スタンプ!

西戸崎駅
▲西戸崎駅

西戸崎(福岡県)20:37発

香椎線・783D

和白(福岡県)21:01着

浅海井駅を出発し、中津駅、門司港駅、西戸崎(さいとざき)駅でスタンプを押し、スタンプラリーのスタンプ全20個が集まった。そしてJR香椎線和白駅でゴール!主に青春18きっぷを用いた延べ5日間の旅が終わった。

朝早くから夜遅くまで列車に乗るというなかなかハードな5日間。前々から行きたかった駅や場所を訪れることができ充実した旅であった。それとともに「いつかこの駅を再訪したい」という思いや、車窓を眺めているときに「あっ、この駅に降り立ってみたい!」と思いに駆られることが度々あり、また新たな旅の目的が生まれた旅でもあった。いつの日にか、今回の旅の中で生まれた目的地を目指す旅に出たい。

旅の跡
▲旅の跡



<交通費>

JR発足20周年・青春18きっぷ(1日分):1,600円
特急「にちりん8号」(日向市〜臼杵)
              乗車券(学割):1,650円
               自由席特急券:1,370円
特急「ソニック40号」(宇佐〜中津)乗車券:450円
               自由席特急券:300円

計:5,370円