鉄の頁 > オススメの駅 > 北星 ほくせい (北海道/JR宗谷本線)

北星駅北星駅

北の大地を走る鉄路の脇にポツンと小さな板張りのホーム。そして少し離れた場所に農機具小屋かと見まがう木造の待合室。これが北星駅だ。特に「毛織の北紡」の赤い看板がトレードマークの待合室はこの駅のシンボル的な存在で、中に入るとなんだか温もりを感じる。駅は1959年開業だが、それ以前から建っていたのではと思わせるボロさも魅力(笑)。もしかすると元々は本当に農機具小屋だったのかも・・・と想像は膨らむ。なお、かつては小道を挟んだ待合室の向かいにこれまたボロい便所があったらしいが、2009年に訪問した際には既に撤去された後だった。

秘境駅としても知られるが、駅の周辺には民家が数軒あり、“秘境”という感じはあまりしない。しかし周辺の環境はいかにも北海道という雰囲気で良い感じ。また、駅名も素晴しい(この地の地名が由来)。

※写真:2009年9月25日撮影。

G A L L E R Y】 ※カーソルを合わせると拡大表示します。