トップ頁へ
Erbaf昆虫館 > 伝の頁
伝説の地を巡る > 田主丸の河童
田主丸の河童
2007-9-23 巨瀬川の畔に建つ、田口長衛門河童遭遇の碑。

田主丸の河童
たぬしまるのかっぱ/福岡県久留米市田主丸町

田主丸は河童の伝承地として知られており、町興しにも活用されている。街中にはあちこちに水難避けの神として河童を祀った神社や祠があり、河童のオブジェやモチーフにした駅舎まである。まさに河童一色の町だ。

河童の総大将である九千坊(くぜんぼう)が安土桃山時代に大陸から一族郎党を引き連れて渡来、熊本に住み着いたが、当時の肥後国主、加藤清正の怒りを買って筑後川に逃げてきた。それがこの地の河童なのだという。一方で特徴的なのが平家の落人の化身という伝説が見られることだ。壇ノ浦の合戦で敗れた平家一族が筑後川流域に逃れ、その怨念が河童に化けたのだという。ここを流れる筑後川の支流、巨瀬川(こせがわ)には巨瀬入道という河童がいるとされるが、これがなんと平清盛が河童に化したものだという。

腕を切られた河童と傷薬にまつわる伝承は日本各地にあるが田主丸にもあって、久留米藩の田口長衛門が田主丸の見回りにきたところ馬が動かなくなり、振り向いて見ると河童が馬の尻尾を引っ張っていた。長衛門は一刀のもと河童の手を切り落とし、その後、酷い臭いのする河童の手は煮てしまったため、傷薬でくっつけようと取り返しに来た河童に返すことが出来なかったという。田口長衛門が河童に遭遇したことを示す碑が巨瀬川の畔に建っている。


Erbaf昆虫館 > 伝の頁 > 田主丸の河童


▼サーバーの広告スペース▼