トップ頁へ
Erbaf昆虫館 > 伝の頁
伝説の地を巡る > 河童寺(曹源寺)
河童寺(曹源寺)
2008-3-16 河童を祀ったお堂の脇にある河童の像。キュウリが供えられていた。

河童寺(曹源寺)
かっぱでら(そうげんじ)/東京都台東区松が谷

上野駅から東へ徒歩20分ほど。駅と浅草寺のちょうど中間ぐらいの場所に曹源寺はある。この寺、別名を河童寺という。

文化年間(1804〜1817年)のある雨の日、雨合羽を商う喜八という男が傷ついた子供の河童を助けた。その後、喜八が私財を投げ打って新堀川の改良工事を行った際、その進行が異様に速く、不思議に思った人が夜様子を見に行くと大勢の河童が作業していた。その河童達を目撃した人は、商売を始めるとなぜか大繁盛するようになり、喜八が死後葬られた曹源寺に「波乗福河童大明神」という河童神が祀られるようになったのだという。

曹源寺の境内には河童を祀ったお堂をはじめ、河童にまつわる様々なものを見ることができ、河童寺の別名に相応しい。また、今戸焼の河童の像を購入することもできる。


Erbaf昆虫館 > 伝の頁 > 河童寺(曹源寺)


▼サーバーの広告スペース▼