トップ頁へ
Erbaf昆虫館 > 伝の頁
伝説の地を巡る > 猿猴橋
猿猴橋
2013-4-8 ここに猿猴が棲んでいた?

猿猴橋
えんこうばし/広島県広島市南区猿猴橋町

広島市街の中心部、広島駅の近くに猿猴橋という橋がある。猿猴(えんこう)とは猿に似た水怪、あるいは河童を意味する言葉で、橋が架かる川(橋の辺り?)に棲んでいたのでこの名があるという。大都会となった今の周辺の姿からは考えられないような由来だ。橋が架かる川の名も猿猴川、町の名も猿猴橋町とこの辺りの地名には猿猴が多い。猿猴が何か知らない人にとってはどうということは無かろうが、妖怪好きにとっては見逃せない地区だ。

橋は安土桃山時代に架けられ、建設当時は「猿郎橋(ゑんろうばし)」と名付けられた。現在のものは1926年(大正15年)に架け替えられたもので、戦時下の金属供出により親柱の鷲の飾りや、欄干の桃を抱えた2匹の猿猴の透かし彫りのレリーフは取り外されてしまった。特に後者は橋の名の由来にも関わっているだけに残念だ。しかし、往時の姿をよみがえらせようというプロジェクトが進行中らしい。ぜひとも実現して欲しい。

この橋は被爆橋梁でもあり、土木学会選奨土木遺産に指定されている。


Erbaf昆虫館 > 伝の頁 > 猿猴橋


▼サーバーの広告スペース▼