トップ頁へ
Erbaf昆虫館 > 虫の頁
昆虫写真撮影日記 > 虫撮り日記
虫撮り日記:2006年10月12日
ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ/静止@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

秋の昆虫として真っ先に思いつくものの1つが“赤とんぼ”ではないでしょうか。上の写真のトンボは全身真っ赤で、いかにも“赤とんぼ”という感じです(厳密に言えば分類学的には“赤とんぼ”の仲間ではありません)。名前の“ショウジョウ”は漢字で“猩猩”と書きますが、これは中国の伝説上の動物で、その色が赤いことから名付けられました。

※猩猩(しょうじょう):中国で、想像上の怪獣。体は狗(いぬ)や猿の如く、声は小児の如く、毛は長く朱紅色で、面貌人に類し、よく人語を解し、酒を好む。(「広辞苑」より)




虫撮り日記:2006年8月26日
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ/交尾@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

これまで使っていたデジカメはコンパクト(NikonCOOLPIX 2500)でしたが、先日デジタル一眼レフ(OLYMPUSE-330)を購入し、それで撮ったのがこの写真。コンパクトに比べ被写界深度(ピントの合う範囲)が狭いため、奥までピントが合っていない写真になりました(絞りを絞れば多少変わりますが・・・)。練習&研究が必要な模様。ものになるまではまだコンパクトで撮った写真を掲載することになりそうです。



虫撮り日記:2006年7月22日
セスジイトトンボ
セスジイトトンボ/クズの葉に静止@福岡県久山町/NIKON COOLPIX 2500

梅雨の貴重な晴れ間。イトトンボを発見し撮影。目玉がまるでこちらを見つめているように見えますが、実際は“トンボの目玉”は小さな眼の集まりである“複眼”で、広い範囲をいっぺんに見ているのです。



虫撮り日記:2006年6月16日
ナナホシテントウ
ナナホシテントウの幼虫/アブラムシを捕食@福岡県福岡市西区/NIKON COOLPIX 2500

ナナホシテントウが(幼虫も成虫も)アブラムシを食べてくれる、いわゆる「益虫」だということを知っている人は多いでしょうが、そのお食事シーンを見たことがある人は少ないかもしれません。それが上の写真。赤いアブラムシをナナホシテントウの幼虫がムシャムシャ食べているところです。



虫撮り日記:2006年6月9日
チャバネアオカメムシ
チャバネアオカメムシ/葉の上に静止@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

臭いにおいを出すということで、また作物の汁を吸う害虫として一般的に嫌われ者のカメムシですが、美しい色彩・模様の種が結構多く、写真のモデルにはもってこいです。ただ、これまで私はなぜかあまり撮ったことがありませんでした。前述のような負のイメージがあったせいでしょうか?あなたも挑戦してみればその魅力に気づく・・・かも。



虫撮り日記:2006年5月3日
トラフシジミ
トラフシジミ/葉の上に静止@兵庫県三木市/NIKON COOLPIX 2500

トラフシジミは前から見てみたいと思っていたチョウでしたが、なんと実家の近くの森林公園にいました。静止している姿がなんとなく凛としているように見えて感動。思わず何枚も何枚も撮ってしまいました。その間飛び去ることなく、ずっとモデルになってくれていたこのチョウに感謝。



虫撮り日記:2006年4月29日
クマバチ
クマバチ/フジを訪花@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

フジの花が咲いているところには、必ずといっていいほどクマバチがいて、盛んに蜜を吸うべく飛び回っています。このフジを訪花するクマバチを撮りたいと思って挑戦してみましたが、頭上の藤棚から垂れ下がるフジの花を見上げつつ背伸びをして腕を伸ばし飛び回るクマバチを追いかけて撮影するのはなかなか難しく、何枚も撮った中で唯一ピントがあっていたのが上の一枚です。残念ながら頭がほとんど見えていません。来年はリベンジ!



虫撮り日記:2006年4月25日
ヒラタアブの一種
ヒラタアブの一種/スイバの花に静止@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

“アブ”というと「血を吸う」というイメージがあるかもしれませんが、ヒラタアブの仲間は血を吸うことはありません。また幼虫は、作物の害虫であるアブラムシを食べてくれる「いいヤツ」です。「いつか成虫の正面顔を撮ってみたい!」と思って狙っていたのですが、やっと撮ることができました。



虫撮り日記:2006年4月12日
アゲハ
アゲハ/ノゲシを訪花@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

昆虫写真家の海野和男さんの著書の中に「蝶は逆光(半逆光)で撮ると、翅が透けたりして美しい写真になる。」といったような事が書かれてあって、私も時々試しているのですが、今回、アゲハで初めて試みました。どうです?特に後翅は、ステンドグラスっぽくないですか?(言い過ぎ?)



虫撮り日記:2006年4月6日
モンシロチョウ
モンシロチョウ/交尾拒否行動@福岡県福津市/NIKON COOLPIX 2500

4月6日、ビーチコーミングをしに浜へ向かう途中、道端にいるモンシロチョウに目が留まりました。ホトケノザの葉の上で翅を広げ、お尻を上へ向けているのが♀。♀に向かって飛んできたのが♂。♀のこの行動は「交尾拒否行動」と呼ばれ、♂に対して「あんたなんか嫌い!あっちに行って!」というメッセージを発しているのです。かわいそうな♂はしばらく粘っていましたが、結局♀がこの行動をやめることは無く、諦めてどこかへ行ってしまいました。



▲先頭へ

Erbaf昆虫館 > 虫の頁昆虫写真撮影日記) > 虫撮り日記


▼サーバーの広告スペース▼