トップ頁へ三木の蝶の写真図鑑
ヤマトシジミ
♂キバナコスモスを訪花/2008-7-30 OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

シジミチョウ科 Lycaenidae
ヤマトシジミ Pseudozizeeria maha argia

ヤマトシジミは最も普通に見られるシジミチョウの1つで、春から晩秋まで幅広い期間に成虫が活動し、住宅地でも里山でも特に開けた場所では多くの個体が見られる。警戒心はそれほど強くなく、カメラを近づけても逃げにくいことから写真を撮りやすい蝶。

普通に見られるとは言ってもなかなか美しい蝶で、オスの翅表は輝きを持つやや淡い青紫。メスの翅は大部分が黒だが、低温期に現れる成虫は青色の部分が拡大する。

国内では本州〜南西諸島に分布し(トカラ列島小宝島以南は別亜種Pseudozizeeria maha okinawana)、海外では東アジア〜インド〜中東、フィリピンなどに分布する。


Erbaf昆虫館 > 虫の頁三木の蝶の写真図鑑) > ヤマトシジミ


▼サーバーの広告スペース▼