トップ頁へ三木の蝶の写真図鑑
ツマキチョウ
飛翔する♂(とまっているのは♀)/2010-4-26 E-620 + 50mm Macro トリミング

シロチョウ科 Pieridae
ツマキチョウ Anthocharis scolymus

春にだけ成虫が現れる蝶、スプリング・エフェメラルの1つ。里山で時折見かけるが、いざ探すとなかなか見つからず、三木市内で初めて撮影できたのは2010年だった。和名の「ツマキ」はオスの翅の先端が黄色いことからの命名。メスの翅の先は白い。私が一番好きなシロチョウ科の蝶。ただ中々近寄らせてくれないため、あまり撮影機会には恵まれていない。

幼虫の食草はアブラナ科の植物の花や果実。北海道、本州、四国、九州(対馬、屋久島、種子島含む)に分布し、国外では東アジアに分布する。


Erbaf昆虫館 > 虫の頁三木の蝶の写真図鑑) > ツマキチョウ


▼サーバーの広告スペース▼