トップ頁へ三木の蝶の写真図鑑
ツバメシジミ
♀コマツナギを訪花/2012-6-17 OLYMPUS E-620 + 50mm f2.0 Macro

シジミチョウ科 Lycaenidae
ツバメシジミ Everes argiades

ツバメシジミは、ヤマトシジミなどと並んで最も普通に見られるシジミチョウの一種。和名の「ツバメ」は、本種の特徴である後翅にある尾っぽ(尾状突起)を鳥のツバメの尾羽に見立てたもの。なお、尾状突起が取れてしまった個体は一見ヤマトシジミやルリシジミと紛らわしいが、本種には後翅裏側にオレンジ色の斑紋があり、区別できる。♂の翅の表側は美しい青色だが、♀は黒色にオレンジ色の斑紋が少しあるだけで地味。しかし、低温期の♀は深い青紫色の部分が生じ、むしろ♂よりも美しい。

幼虫の食草はコマツナギ、シロツメクサ、ナンテンハギなどマメ科植物の新葉、蕾、花、実。国内では北海道、本州、四国、九州に分布し、海外ではユーラシア大陸北部に広く分布する。


Erbaf昆虫館 > 虫の頁三木の蝶の写真図鑑) > ツバメシジミ


▼サーバーの広告スペース▼