トップ頁へ三木の蝶の写真図鑑
モンキアゲハ
側溝で吸水/2008-7-13 OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

アゲハチョウ科 Papilionidae
モンキアゲハ Papilio helenus nicconicolens

モンキ(紋黄)と名前に付くが、翅の斑紋は白く、黒い翅の中でよく目立つので他の種との識別は容易。ただ、羽化から日数が経った個体や標本では黄色いようだ。日本最大級の蝶の1つで、先述の白斑も含めて美しく堂々たる姿の揚羽蝶。ただ、それほど珍しい種ではないにもかかわらず今のところシャッターチャンスに恵まれていないのが残念で、写真の追加が今後の課題。

幼虫の食草はミカン科のカラスザンショウ、ミカンなど。国内の分布は本州(関東以西)、四国、九州、南西諸島(沖縄諸島以北)。国外では東洋区の熱帯域に広く分布し、いくつかの亜種に分かれる。


Erbaf昆虫館 > 虫の頁三木の蝶の写真図鑑) > モンキアゲハ


▼サーバーの広告スペース▼