トップ頁へ三木の蝶の写真図鑑
ゴマダラチョウ
静止/2011-6-21 OLYMPUS E-620 + 50mm f2.0 Macro

タテハチョウ科 Nymphalidae
ゴマダラチョウ Hestina persimilis japonica

珍しい種ではないが、三木市ではエノキの樹の周りを飛んでいるのをたまに見かけるくらいで遭遇する機会が少ない。2011年にようやくイタドリの葉にとまっている個体を見つけて撮影できた。樹液にもやって来るはずだが、そのシーンはまだ三木市では見れていない(樹液で見かけるのはサトキマダラヒカゲばかり)ので、今後の課題。

幼虫の食草はニレ科のエノキ、エゾエノキの葉。北海道・本州・四国・九州に分布。国外ではヒマラヤ〜東アジアに別亜種が広く分布。なお、日本を含む東アジアのものを独立種H. japonicaとして扱う(日本産は基亜種H. j. japonica)こともあるようだ。


Erbaf昆虫館 > 虫の頁三木の蝶の写真図鑑) > ゴマダラチョウ


▼サーバーの広告スペース▼