トップ頁へ三木の蝶の写真図鑑
アオスジアゲハ
シロツメクサを訪花/2009-5-15 OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro トリミング

アゲハチョウ科 Papilionidae
アオスジアゲハ Graphium sarpedon nipponum

黒地に水色の帯が入った翅を持つ、スマートな印象の揚羽蝶。他のアゲハチョウ科の種に比べ俊敏に飛び回り、葉にとまっているようなシーンは滅多に見かけないが、花を訪れている場面には割とよく遭遇し、また、幼虫が街路樹として植えられることも多いクスノキを食草としていることもあって街中でもよく見られ、シャッターチャンスが多い蝶だ。

先にも述べたが、幼虫の食草はクスノキ科のクスノキ、タブノキ、ヤブニッケイなど。国内では本州(東北地方南部)以南に分布。海外では東洋区の熱帯のほぼ全域〜オーストラリア区に広く分布、多くの亜種に分けられている。


Erbaf昆虫館 > 虫の頁三木の蝶の写真図鑑) > アオスジアゲハ


▼サーバーの広告スペース▼