トップ頁へ
Erbaf昆虫館 > 虫の頁
昆虫写真撮影日記 > 2008年D
2008年6月9日
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ムラサキシジミ
ムラサキシジミ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

シラケトラカミキリ
シラケトラカミキリ
シラケトラカミキリ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

シラケトラカミキリ
シラケトラカミキリ/指にとまらせて撮影@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

アカガネサルハムシ
アカガネサルハムシ
アカガネサルハムシ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

エダナナフシの幼虫
エダナナフシの幼虫/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

里山へ。いつもと違う雑木林沿いの道を歩いていると、次々とミズイロオナガシジミを発見。この時期の雑木林には本当に普通に居るようです。と、いうことでこの日はミズイロオナガシジミの写真を撮りまくったのですが、中でも翅を開いた状態を撮影できたのはヒット。ゼフィルスは翅の表がきらびやかな種もいるのですが、この種は灰色にわずかに水色っぽい斑紋があるだけ。渋くて日本的な感じがします。

ところで、撮影に集中していたところ、すぐ近くでガサゴソ音がするので何かと思ってみてみれば、3メートルほどの距離にイタチが!目が合ってイタチも驚いた様子であわてて雑木林の中に駆け込んで行きました。集中していると気配が消えてしまうのでしょうか?



2008年6月8日
チビクワガタ
チビクワガタ/家のすぐ近くの駐車場脇の朽木の中に居た@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

セマダラコガネ
セマダラコガネ/クリを訪花@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

コガネムシ
コガネムシ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

コアオハナムグリ
コアオハナムグリ/アザミを訪花@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ハリカメムシ?
ハリカメムシ?/交尾@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ハネナガマキバサシガメ?
ハネナガマキバサシガメ?/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

フタスジサナエ
フタスジサナエ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

フタスジサナエ
フタスジサナエ/目が合った!@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

写真を撮っていると、時折意図しない「!?」という感じの写真が撮れることがあるのですが、上のフタスジサナエの写真もそんな1枚。里山で撮影後にデジカメの液晶画面を見てびっくり。



2008年6月7日
ベニシジミ
ベニシジミ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ヒカゲチョウ
ヒカゲチョウ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ヨモギハムシ
ヨモギハムシ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

この日も里山で撮影。ただしあまり昆虫は見られず。



2008年6月6日
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ルリシジミ
ルリシジミ
ルリシジミ
ルリシジミ
ルリシジミ
ルリシジミ
ルリシジミ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ツバメシジミ
ツバメシジミ
ツバメシジミ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

コミスジ
コミスジ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

コガネムシ
コガネムシ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

今日は近くの里山で、初めてミズイロオナガシジミを見ました。この種を含むミドリシジミの仲間(ミドリシジミ族)は「ゼフィルス(ラテン語で“西風”という意味)」と呼ばれ、蝶好きの人たちの間では人気があり、良好な自然環境の指標ともなるグループなのですが、これまでゼフィルスで見たことがあるのはアカシジミのみ、また写真は撮ったことが無かったので、ミズイロオナガシジミは「ふつうにみられる」とされる種ではありますが、嬉しい1日となりました。



2008年6月1日
ヒメジャノメ
ヒメジャノメ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

カノコガ
カノコガ/交尾@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

カマキリの一種
カマキリの一種の幼虫/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

キリギリスの一種
キリギリスの一種
キリギリスの一種の幼虫/ブタナを訪花@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro)

ヤマトシリアゲ
ヤマトシリアゲ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

里山にて撮影。最近ようやく写真のアングルや背景を工夫する余裕が出てきた気がします。上の写真はそうした試行錯誤の結果の1枚。逆光の草の葉を背景にしてヒメジャノメを撮影してみました。翅の輪郭が際立って見え、こういうのもありかなと思います。



▲先頭へ

Erbaf昆虫館 > 虫の頁昆虫写真撮影日記) > 2008年D


▼サーバーの広告スペース▼