トップ頁へ
Erbaf昆虫館 > 虫の頁
昆虫写真撮影日記 > 2007年B
2007年12月11日
キイロテントウ
キイロテントウ/歩行中@福岡県福岡市東区。NIKON COOLPIX 2500 トリミング

ナミテントウ
ナミテントウ/静止@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

今日は12月にしては暖かい1日でした。何かいないかと思って草むらを覗いてみると・・・、越冬前のテントウムシを2種発見。ナミテントウは、翅の後半だけに大きな斑紋のある、ちょっと珍しい模様をした個体でした。これが今年の最後の昆虫写真になるのでしょうか。この日はキチョウ(キタキチョウ)が飛んでいる姿も見られましたが、こちらは撮影できず。



2007年11月25日
ミツバチの一種
ミツバチの一種/訪花@福岡県福岡市西区/NIKON COOLPIX 2500

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ♂/静止@福岡県福岡市西区/NIKON COOLPIX 2500 トリミング

今日は先日の福岡市西区のクロツバメシジミの生息地へ。小春日和の暖かい日だったのでもしかしたら見られるかと思いましたが・・・。幼虫の食草のタイトゴメには幼虫が食べた跡らしきものが見られたものの、成虫も幼虫も見られず。と、いうことで、先日同様他の昆虫を撮影してお茶を濁して帰りました。



2007年11月24日
ハナアブの一種
ハナアブの一種/訪花@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

ヨコバイの一種
ヨコバイの一種/波打ち際に飛んできた@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

今日は福岡市東区の海岸でビーチコーミング。韓国、中国などから漂着したゴミの写真を撮る合間に昆虫写真も撮影。



2007年11月17日
ミツバチの一種
ミツバチの一種
ミツバチの一種/訪花@福岡県福岡市西区/NIKON COOLPIX 2500

今日は福岡市西区のクロツバメシジミの生息地へ。「福岡市の蝶」で得た情報に基づいて行ったのですが・・・。結局見ることはできず。成虫は11月まで発生を繰り返すらしいのですが・・・。時期が遅すぎるのか、はたまた近くで行われていた工事の影響か・・・。と、いうことで黄色いキク科植物にやってきていたミツバチを撮影してお茶を濁して帰りました。



2007年10月24日
ベニシジミ
ベニシジミ/セイタカアワダチソウを訪花@福岡県福岡市東区/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ/セイタカアワダチソウを訪花@福岡県福岡市東区/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

マダラバッタ
マダラバッタ/静止@福岡県福岡市東区/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ホシササキリ
ホシササキリ/静止@福岡県福岡市東区/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

先日福岡県古賀市の千鳥が池でクロツバメシジミが見られなかったので「福岡市の蝶」を見てみたところ、千鳥が池には生息していないようです。千鳥が池に設置してある看板には「クロツバメシジミが見られます」という風にイラスト入りで書いてあったのに。

ですがもしかしたら、幼虫の食草の1つであるタイトゴメが生えている場所なら東区でも見れるかも、と思って東区の海岸へ。しかしタイトゴメは生えていたもののクロツバメシジミは成虫も幼虫も見られませんでした。ということで他の昆虫を撮影。



2007年10月15日
リスアカネ
リスアカネ
リスアカネ♀/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

実家の庭でリスアカネを見つけ撮影。リスアカネは前日近くの里山で散々狙ったものの逃げられ、全然撮れなかったトンボです。一般的にトンボの写真をマクロレンズで接近して撮るのは難しい(その道の人は望遠レンズで撮影するようです。)のですが、この個体はやたらと人懐っこく(弱っていたのかもしれませんが)、私の肩にとまったりもしました。前日の苦労はなんだったんだ・・・。



2007年10月14日
トックリバチ
トックリバチ/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro トリミング

ナツアカネ
ナツアカネ♂/静止@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

キタキチョウ
キタキチョウ/セイタカアワダチソウを訪花@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

オオハキリバチ
オオハキリバチ/ヤマハギを訪花@兵庫県三木市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

実家の庭でトックリバチを見つけ撮影。巣の写真は以前撮ったのですが、成虫の写真はこれが初めて。「トックリバチ」の名は、巣がとっくりの形をしていることからの命名ですが、成虫の体型もどことなくとっくりっぽい気がします。2枚撮影した後、日差しが強かったので「露出補正してもう一枚」と思ったところで飛び去ってしまいました。残念。

その後近くの里山へ。ところが天気は晴れから曇りへ変わってしまい、写真は撮ったものの全体に暗い雰囲気の写真になってしまいました。無念。



2007年10月8日
クロアゲハ
クロアゲハ
クロアゲハ/ヒガンバナを訪花@佐賀県鹿島市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro トリミング

先日に続き佐賀県へ。豊川・伏見と並ぶ日本三大稲荷の一つ、祐徳稲荷神社近くでヒガンバナの群落に来ているクロアゲハを発見。黒い翅と朱色の花のコントラストが美しかったです。この後少しはなれた場所で、同じくヒガンバナにやって来たアゲハを撮影したのですがピンボケ(泣)。無念。



2007年10月6日
ウラナミシジミ
ウラナミシジミ/訪花@佐賀県伊万里市/NIKON COOLPIX 2500 トリミング

マイコアカネ
マイコアカネ♀/静止@佐賀県伊万里市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro トリミング

JR九州から佐賀県内(筑肥線は全線)のJR線等が(特急も)3日間乗り放題の切符「ぐるっと佐賀きっぷ」が発売(3,500円)。これを利用して佐賀へ。古い木造駅舎の残るJR筑肥線の肥前長野駅の近くで、ウラナミシジミが黄色いマメ科植物の花を訪花しているのを見つけ撮影。和名の由来である翅の裏の波模様は、いつ見ても見事。

その後、伊万里駅近くの交通量の多い交差点近くでマイコアカネを発見して撮影。“マイコ”は“舞妓”の意味で、♂の顔面が青白色であることを舞妓さんの白粉に例えての命名らしいのですが、写真の♀の顔面も他の赤とんぼに比べるとより白く、舞妓さんっぽいような・・・。



2007年10月3日
カマキリ
カマキリ
カマキリ/静止@福岡県福岡市東区/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ♀/カタバミに産卵@福岡県古賀市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro トリミング

トノサマバッタ
トノサマバッタ/交尾@福岡県古賀市/OLYMPUS E-330 + 35mm f3.5 Macro

細長い体型の昆虫の撮影は、なかなか絵になるアングルが見つからず、いつも苦労しています。カマキリもそんな昆虫の1つ。今の私の腕前では上の写真が精一杯(泣)。

その後、古賀市の千鳥が池へ。クロツバメシジミという蝶がいるらしいということでやってきたのですが・・・、シジミチョウの仲間はヤマトシジミとムラサキシジミ、ウラギンシジミしか見られず(泣)。クロツバメシジミは本当にいるのでしょうか(時期はずれだったのかもしれませんが)?



2007年10月1日
ハネビロトンボ
ハネビロトンボ
ハネビロトンボ/静止@福岡県福岡市東区/NIKON COOLPIX 2500

今日はハネビロトンボを撮影。なにせ実家のある兵庫県ではめったに見れないトンボ(年に1〜2回、台風などに飛ばされてきたものが見られる程度のようです。)なので撮れるうちに撮っとこうという作戦です。お気に入りの場所らしい枯れたリュウゼツランの花穂に今日もとまっているのを見つけ撮影。その後飛び去ってしまったのですが、池の水際の潅木で再び発見。水面を背景に撮影することができました。



▲先頭へ

Erbaf昆虫館 > 虫の頁昆虫写真撮影日記) > 2007年B


▼サーバーの広告スペース▼